イベント/お知らせ

Posted on 2016-03-25
「岩木遠足」の本の小さなトークツアーと、ワークショップを開催します


2016.3.24eyecatch

イベントのお知らせです。

4月23日(土)、しれとこくらぶ(斜里町文光町41−1)で、
デザイナー/アーティストの豊嶋秀樹さんをお招きして、
アーティスト・イン・シリエトクvol.3
「岩木遠足」の本の小さなトークツアーと、ワークショップを開催します。岩木遠足トーク告知チラシ

タイトルだけでは???という方もいるかもしれませんね。
この「岩木遠足」とは、斜里町の友好都市である青森県弘前市の岩木山麓を舞台に、
2009年〜2013年に4回開催された人と生活をめぐる遠足型のイベントです。
具体的には、ねぷたやこけし、津軽こぎん刺しの制作の現場でお話を聞くなど、
地域の風土や文化を体験し、地方に居ながら多様な価値観に触れられるイベントでした。

そして昨年、岩木遠足のディレクターである豊嶋さんと実行委員の仲間が、
遠足で訪ねた話し手の皆さんを再訪し、
『岩木遠足・人と生活をめぐる、26人のストーリー』(青幻舎)という一冊の本をまとめられました。

豊嶋さんはこれまでに全国でこの本に関するトークツアーを行ってきましたが、
斜里では岩木遠足や本のお話の他にも、
「いまここで、ここにいる人で、プロジェクトをつくる」
というテーマのワークショップも開催します。

斜里での暮らしが楽しくなる場づくりや、
まちづくりプロジェクトの組み立て方などのヒントを得られる内容だと思います!
岩木遠足の本も販売しますので、未読の方もぜひ。

説明が大変長くなってしまいましたが、
肩肘はらず、気軽に参加していただける内容です。
申し込み等は下記のとおりです。どうぞよろしくおねがいします。

告知チラシ(PDF)

————————————————————–

『「岩木遠足」の本の小さなトークツアーと、ワークショップ』
◎日時:平成28年4月23日(土) 13:30〜16:30
◎場所:しれとこくらぶ(斜里町文光町41−1)
◎参加費:500円 ※弘前りんごと斜里小麦の友好♡コラボ焼き菓子付き(焼菓子あんずっこ・作)
◎定員:約20人
◎申し込み:sir.etok.note@gmail.comまでメールでお願いします。
◎主催:アーティスト・イン・シリエトク実行委員会(事務局・シリエトクノート編集部)
※会場内では、フード&ドリンクも販売します。

[豊嶋秀樹さんプロフィール]
デザイナー、アーティスト。 1971年大 阪生まれ。
クリエイティブ集団graf の設立メンバーの一人で、
2009年9月以降はgm projectsとしてジャ ンルを問わず幅広く活動。
奈良美智と「Yoshitomo Nara + graf A to Z  弘前」を共同企画・制作、
三沢厚彦+豊嶋秀樹として「あいちトリエンナーレ」へ参加、
押忍!手芸部と豊嶋秀樹として金沢21世紀美術館で個展などのコラボレーションも多い。
福岡市在住。

————————————————————–

※アーティスト・イン・シリエトクとは:斜里町民有志による、アーティスト招聘企画です。
過去の企画
①ホンマタカシ知床エゾシカ猟ドキュメンタリー
 「最初にカケスがやってくる」斜里上映会+トーク(2015.6.7)
②TWO WURLI AND…(ツー・ウーリ・アンド)   Early Summer Tour 2015
 with 奈良美智ライブドローイング(2015.6.28)

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA